幼保連携型認定こども園ちべん保育園

病気について

病気になった時は?

集団生活に入るといろいろな病気にかかる機会も多くなります。伝染性の病気の 場合は、学校保健法に準じて、子どもへの伝染を防ぐため保育園を休んでいただ くことになります。

・こんな症状の時は登園を控えましょう(pdf)

Info!

治癒後登園を再開される場合は、保育園に「意見書」もしくは「登園届」 の提出が必要となります。
*意見書は医師が記入し、登園届は保護者が記入します。 学校保健法による伝染性の病気で休んでいただく期間は下記の通りです。ただし 個々の子どもにより差がありますので、医師の指示に従ってください。また、下記以外にもいろいろな伝染病がありますので、医療機関には必ず保育園 に通っていることを医師に伝えてください。
-

(医師の記入した「意見書」の提出が必要な主な感染症)

病気名 お休みをする期間の目安
インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日。 詳細はインフルエンザ登園停止期間についてをご覧ください。  
インフルエンザ登園停止期間について
百日咳 特有の咳がなくなるまで (普通約5週間)
麻疹
(はしか)
解熱後3日を経過するまで (普通約2週間)
流行性耳下腺
(おたふく風邪)
腫れがでた後5日を経過し、かつ全身が良好になるまで
風疹 風疹が消えるまで (約5日間)
水痘
(みずぼうそう)
全ての発疹が痂皮化する(かさぶたになる)まで (約1週間)
咽頭性結膜熱
(プール熱)
主要症状が消えた後2日を 経過するまで
結核 感染の恐れがなくなるまで(かく痰その他で菌が陰性になるまで)
流行性結膜炎 治るまで ただし、園医その他の医師において適当と認める予防処置をした時、または、病状により伝染のおそれがないと認めた時は、この限りではない。
急性出血性結腸炎
 腸管出血性大腸 菌感染症


(医師の診断を受け、保護者が記入する「登園届」の提出が必要な主な感染症)

病気名 お休みをする期間の目安
溶連菌感染症 抗菌薬内服後から1から2日経過するまで
マイコプラズマ肺炎 発熱や激しい咳が治るまで
手足口病) 発熱や口腔内の水疱・潰瘍が治まり、普段の食事がとれるようになるまで
伝染性紅斑
(リンゴ病)
全身の状態が良くなるまで
ウィルス性胃腸炎
(ノロ・ロタ等)
嘔吐、下痢等の症状が治まり、普段の食事がとれるようになるまで
ヘルパンギーナ 発熱や口腔内の水疱・潰瘍が治まり、普段の食事がとれるようになるまで
咽頭結膜熱
(プール熱)
主要症状が消えた後2日を 経過するまで
RSウィルス性感染症 呼吸器症状が無くなり、全身の状態が良くなるまで
帯状疱疹  全ての発疹がなくなるまで
突発性発疹  解熱し、全身の状態が良くなるまで

Info!

*インフルエンザ発生時、休園措置をとる場合があります。詳しくは保育園にお尋ね下さい。
*上記以外にもいろいろな伝染性の病気がありますので、医療機関では必ず保育園に通っていることを伝えて下さい。

前のページに戻る